読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さきのブログ

アラサー独身女が日々の出来事を愚痴ります

婚活③

婚活の相談員さんに動いてないでしょ、動かないとって言われたので

初めて自分からメールした塗装のお仕事をされてるSさん31歳

 

いきなり顔写真を送れと言われ

 

会ったこともない人に送りたくないし、自分は送らないところに不信感が

 

「あたしは会って判断してるので送りません」

 

もうメールこないと思ってたら

ガンガン着て

 

あやまってるし、あまり悪い人じゃないのかも〜〜

 

会ってみようかなと思い会うことに

 

けど、最初に感じた違和感みたいなものはやっぱり後で当たるというか

 

待っていても来ない

心配になり電話するも繋がらない

 

 

すると向こうからとぼとぼ歩いてくる小柄男性が

 

 

初めての待ち合わせで遅刻

そこは気にならなかった

 

なぜならあたしは元彼と会うとき毎回のように遅刻して嫌われた経験がある、人のことは言えない

 

あたしは最初はとても猫かぶった人間で、関係が慣れてくると自分が出てくる

 

最初から遅刻したことはない←一応言っとく

 

印象はそんな悪くない、笑顔も優しく素敵な感じだった

 

 

 

車に案内されるまでは

 

 

 

 

駅で待ち合わせた後、近くのカフェでお茶

 

カフェオレを頼んだSさん

カフェオレにはもうミルクが入ってるが、またミルクを入れる

 

「ん!?なんか味がおかしい」

 

そりゃそうだろと思いつつ、趣味や普段の生活についての話に

 

「ゲームをよくするんです、USJで新しいアトラクションできましたね、ドラクエの」

 

「一緒に行きませんか?」

 

はやくない⁈と思ったが、可愛らしい

 

「会ってみてどうですか?自分はいいですよ

第一印象、誕生日はいつですか?」

 

え?祝ってくれんの

すこしびっくりしたけど久々にガツガツ来られて嬉しい自分もいたり

 

カフェをでて少し歩きパーキングへ

ゲーセンに連れて行ってくれるらしい

 

待ち合わせに遅れたのはパーキングを探すのに手間取ったそうで、急がせて悪かったなと思いつつパーキングへ到着

 

 

すると、月極駐車場の文字が

「ここに駐車場借りてるんですか?家ここの近くなんですね」

 

「いいえ」

 

「え⁈大丈夫なんですか?人の駐車場ですよね、バレたら」

 

「ばれなきゃ大丈夫です」

 

いや、それはダメでしょー

 

なんか一気に冷めてゲーセンに行くも帰りたくなる

 

 

少し遊んだあと、プリクラに誘われるも断る

 

 

ごめんなさい

 

 

駅まで送ってもらって解散

悪い人じゃないんだけど、駐車場の件が無理でした

 

 

ほんと婚活しんどい、あたしも心が狭かったのかもと落ち込みました

 

ヤケ酒

冷凍ピザにのりしお

f:id:lady-start699:20170314214753j:image